>記事一覧>EFO最適化で顧客やチャンスを逃さない!

エントリーフォームって何?

エントリーフォームとは、ユーザーが何らかの情報を入力するためのスペースのことです。例えばカード情報などの個人情報を入力することで、インターネット上で商品を購入出来たりなど、便利なサービスが受けられます。

エントリーフォームの改善すべきポイント

女性

選択欄をリスト化

女性、男性、住んでいる都道府県などはリスト化したフォームから選択出来るようにすると良いでしょう。入力文字数が減らせますので、ユーザーの面倒な作業も同時に減らすことが出来ます。

エラーをきちんと返す

入力していない場所があったり入力箇所に誤りがあったりした場合、エラー表示をさせないと、ユーザーは何度も入力しなくてはならない可能性があります。エラーの場合きちんとエラーと表示させるようなシステムにしましょう。

tabキーの使用

次の入力項目に進む場合、PCのtabキーが利用出来るのは大変便利です。ぜひ取り入れたいポイントの一つです。

個人情報保護についての開示

入力フォームには、名前や住所など個人情報を入力することがほとんどです。ユーザーが安心して利用出来るように、入力された個人情報の保護についてきちんと明示することも大切です。

郵便番号検索機能の追加

郵便番号を入力すると、自動で住所が途中まで記入される機能も大変便利です。なるべくユーザーの入力負担を少なくするため、取り入れたいポイントです。

EFOを導入する前に確認しておくべきこと

EFOを導入する前には、自社で検討出来る改善点がないか、きちんとリスト化しておきましょう。そうすることでスムーズに導入業務を行うことが出来ます。

EFOのメリット・デメリット

EFO導入の最大メリット

最大のメリットは、ユーザーの離脱率を防ぐことです。利用しやすい入力フォームにすることで、入力時点でやっぱり面倒だからやめよう、というようなユーザーを作らなくすることが出来ます。

デメリットについて知っておく

EFOを導入することで、簡潔にしすぎて入力フォームに不備が出てしまう場合があります。きちんとシミュレーションを行い、簡潔だけを目標にしないことを心がけましょう。

EFO最適化で顧客やチャンスを逃さない!

パソコン操作

EFOを導入することで利用者のストレス軽減

EFOがきちんとなされると、ユーザーの入力ストレスは大幅に軽減されます。そうすることで、新しいユーザー、またはリピーターのユーザーも、しっかり獲得出来るようになり、サービスの売れ行きも好調となります。

端末

注目するべき費用について

EFOを導入する際、知っておきたいのがかかる費用についてです。入力フォームの数や内容によっても左右されますが、簡単なものですと2〜3万円程度で行ってくれるところが多いです。それほど莫大な費用がかかるものではないので、ぜひ検討してみましょう。

男女

オススメのEFO専門会社はサービス内容が違う!

EFOの専門会社には様々なものがあります。多くの顧客を抱えている専門会社は、やはりサービス内容も充実しており、例えば携帯電話のアカウントサービスとの連動など、よりユーザーによって便利な機能をつけることも可能です。

急がば回れ精神で良い所をちゃんと見極めるのがコツ

EFO導入によって得られるメリットは大きいですが、焦って制作依頼を行うのはやめましょう。サービス内容をしっかり吟味し、自社に合った提案をしてくれるところを探すことで、より良い仕上がりが期待出来ます。

広告募集中