>記事一覧>動画広告を制作依頼して集客効果アップ!メリットを最大限利用しよう

動画広告を制作依頼して集客効果アップ!メリットを最大限利用しよう

パソコン操作

広告といえばチラシというのは時代遅れ!

スマホやPCが普及している現代では、動画広告を目にする場面も増えてきています。広告は紙媒体のチラシ、という概念は現代では古く、新しい動画という概念に変化してきているのです。

フィルム

良い広告は動画がベスト

動画広告は、記憶に残りやすい、キャッチーで覚えやすいなど様々なメリットがあります。良い広告というのは、動画を媒体としていることが多いのです。

カメラ

どういった所が依頼しているの?

動画広告を依頼する企業は、大手企業から中小企業まで様々です。スマホに表示される動画広告としては、アプリやゲームなどを開発している会社が多い傾向にあります。

自分で制作と業者制作の大きな違い

自作する場合の注意点

動画広告は、自社制作も可能です。しかし、時間がかかる上に、第三者視点が介入しないため、効果のないものが出来上がってしまう危険性があります。

専門業者への依頼がおすすめ

専門業者に依頼した場合、ハイクオリティで効果も高いものをしっかりと作ってくれます。そのため、専門業者へ依頼することがおすすめです。

初めてだから先に問題解決

初めて依頼する場合は、疑問点や希望などをしっかりリスト化しておき、業者へ伝えましょう。

広告制作のQ&A

スマホ

費用の相場はどれくらいですか?

内容にもよりますが、およそ20〜30万円程度と見ておくと良いでしょう。

タレントなどを起用する場合の出演費はどうなりますか?

タレントなどを起用したい場合、動画制作費とは別途で支払うことになります。

BGMなどは自由に指定出来ますか?

著作権の関係上、基本的に動画制作会社の所有しているものを使うのが一般的です。

複数まとめた依頼した場合、費用が値引きになりますか?

場合によっては、まとめて注文した場合に費用が安くなる可能性があります。

動画の流れや見せ方の指定は可能ですか?

打ち合わせ時にある程度の希望を聞き入れてくれる場合がほとんどです。

依頼の流れはとても重要

動画制作が決まったら、依頼から納品までの流れをある程度知っておき、スケジュールを組んでおくことが重要です。

依頼から完成までの流れを知る

再生マーク

問い合わせを行う

まずは動画制作会社を決め、問い合わせを行いましょう。いくつかの業者をピックアップしてみることもおすすめです。

見積もりと打ち合わせを行う

作りたい動画の内容を細かく伝え、それによって大まかな見積もりを出してもらいます。

正式に発注する

見積もりと内容に納得がいったら、正式に発注の契約を行います。

制作開始とチェック

実際に動画を制作してもらい、イメージに合っているかチェックしながら進めていきます。

納品と支払い

無事に制作が終了し最終チェックが終わったら晴れて納品、支払いをして一連の流れは終了となります。

広告募集中